失敗しない工務店の選び方 富山編

HOME » 工務店の基礎知識

工務店の基礎知識

自分に合った工務店を見つけたい方は、工務店の基礎知識を身に着けておきましょう。工務店を選ぶ前に知っておきたいポイントを解説します。

工務店とは

建築を請け負う業者のことを工務店といい、具体的には、複数の工事業者と協力して工事全体を管理する業者のことをいいます。親方が職人を仕切り住宅を建てるスタイルが発展したものといえばわかりやすいはずです。

工務店というと社長自らが営業や職人を兼ねて家を建てる小規模な事業者と思われがちですが、最近では工務店も多様化しています。従来型の地域密着・小規模な工務店から、フランチャイズの加盟店になり特定の工法による家づくりを手掛けている会社、ハウスメーカーの下請けとして活躍する工務店、地域密着ながら自社ブランドを展開し地域の中堅ビルダーとして活躍する工務店などが登場しています。

同じ工務店でも形態はさまざまなので、家づくりを行うときは目的に合った工務店を選ぶことが重要です。

工務店の手付金

工務店を利用するときに気になるのが手付金です。手付金は、着工・完成・引渡ししたときは内金となり、キャンセルしたときは違約金となるお金です。契約する工務店により異なりますが、工事請負契約を締結するときに100万円程度の契約手付金を求められることが多いようです。手付金の支払いは自己資金で行います。キャンセルしても返ってこないので、手付金はよく検討してから支払ってください。

工務店でトラブルにならないために

工務店を利用する方はトラブルを避けるため次のポイントなどに注意しましょう。

最初に注意したいのが経営状態です。大手ハウスメーカーなどに比べ会社の規模が小さい工務店は、倒産リスクが高くなります。建設中に倒産すると工事はストップしてしまいます。工務店を選ぶときは、経営状態についても確認しておきましょう。

工期についても確認が必要です。ハウスメーカーと工務店を比べると、工務店の方が工期は長くなりがちです。ハウスメーカーは規格化された建築材などを使用します。工期が長くなると仮住まいの期間が長くなることが予想されます。事前に、正確な工期を確認しておくと、予定外の出費を防げます。

規格化された建築材を使わない工務店では、仕上がりは職人の腕次第という面があります。また、中小の工務店は住宅展示場がないので仕上がりをイメージしにくい面もあります。これらの点が気になる方は、工務店が建てた家を見学させてもらいましょう。実際に建っている家をみると品質や仕上がりをイメージしやすくなります。