失敗しない工務店の選び方 富山編

HOME » 【テイスト別】富山の工務店の施工事例集 » 和風

和風

富山の住宅メーカーによる施工事例として、和風の注文住宅のデザインについて見ていきたいと思います。

富山の住宅メーカーによる「和風」の注文住宅

「和風の住宅」という言葉からは、実に多くの方が特定のイメージを思い浮かべることができるのではないかと思います。瓦の屋根や木の引き戸、大黒柱、障子やふすま、畳敷きの和室、床の間に掛け軸などなど。
もちろん現代においても、こうした古き良き時代の日本家屋を新築住宅として依頼することも可能です。

その一方で、昨今の主流としては、現代の人々の生活スタイルに合わせながら、古き良き和のテイストを上手く取り入れるという手法です。

事例としては、建物の外観を純和風にしておきながら、間取りや内装はモダンスタイルというものも多く存在します。古くからある和の要素を、日本人として上手に取り入れられるよう検討してみることをオススメします。

和のテイストをさりげなく主張

和のテイストをさりげなく主張

瓦屋根と白い外壁に、木の格子戸を思わせる装飾を配置することで、さりげなさの中にもしっかりと和風テイストを主張しています。
室内においては、リビングダイニングは板張りの現代風ながら、寝室や書斎は畳敷きの和室としており、それぞれの雰囲気を壊さぬよう、上手に調和させている点に、職人さん達の腕とセンスが垣間見えます。

タイムスリップしたような空間が出現

タイムスリップしたような空間が出現

濃いグレーの瓦屋根やベージュの外壁は落ち着いた雰囲気を放ち、老舗の料亭や旅館を彷彿とさせる佇まいとなっています。
しかし、ひと度その中に足を踏み入れると、明治や大正ロマン時代を思わせる“ハイカラ”な空間が目に入ってきます。古き良き時代のモダン建築を現代に蘇らせるという趣は、まさにセンスが光る作品というところでしょう。

和風スタイルの新たな可能性を模索

和風スタイルの新たな可能性を模索

瓦屋根で間口広いどっしりとした構えは伝統的和風建築の趣ながら、窓サッシや玄関は現代の機能性をもつものを使用。
玄関は石づくりかつ板張りの洋風ながら、伝統的な飾り格子がアクセントとなり、和の雰囲気を醸し出しています。室内は現代スタイルでまとめられていますが、リビングの一画には畳のスペースも配置し、和へのこだわりを見せています。

3世代が心地よく暮らせるように

3世代が心地よく暮らせるように

依頼主は親・子・孫の3世代ご家族。それぞれの世帯が心地よく暮らせるようにとの工夫が随所に施されています。
玄関には、伝統的な引き戸を配置していますが、実は半自動かつ電子ロック機能付き。
室内も板張りの洋風リビングと畳敷きの和室が、違和感のないよう調和され配置されています。