失敗しない工務店の選び方 富山編

HOME » 【テイスト別】富山の工務店の施工事例集 » 【番外】リフォームの事例

【番外】リフォームの事例

富山のリフォーム事例として、ユニテが手がけたものをピックアップして、それぞれの事例を分析してご紹介していきたいと思います

富山のリフォーム、ユニテの事例を検証

ご存知ない方も多いようですが、実は住宅リフォーム業者には建築業許可や宅建取引業許可のような資格は必要ありません。
極端な話になってしまいますが、全く経験や知識のない人でも看板を掲げればリフォーム業名乗る事が可能です。
こういったことから、現実は残念ながら世間にあふれるリフォーム業者には技術、考案力、経験等に大きな差が生まれてしまっています。それに伴って悪徳な業者も存在するので、トラブルになってしまうようなケースもあります。

そこで業者選びの際に重要となってくるのが、これまでに手がけた実績や創業年数、事例といったものになります。
本ページで取り上げるユニテは、元々リフォーム業者としてスタートした歴史があり、そのご住宅建築部門に業務を拡大しました。
こうした出自をもつ業者であれば、信頼度は高いと言えるでしょう。もうひとつ、これまで手がけてきた事例も大きな判断材料です。ここでは、ユニテの手がけた事例を見ながら。その力量や出来栄えを確認していきましょう。

伝統的家屋を機能的に改装

伝統的家屋を機能的に改装

富山市の町並み修景の補助金を利用したいとの依頼。条件である格子戸の設置を、可動折りたたみ式にすることで、見た目は伝統的でありながら、土間を車庫として利用できるという実用性を両立しています

蔵への廊下をウッドデッキに

蔵への廊下をウッドデッキに

母屋と蔵を繋ぐ廊下としていた部分を、板張りのウッドデッキとして改装。ダイニングキッチンから一体的につながるように工夫され、開放感も同時に楽しめるようになったとのこと。ランチやバーベーキューに活躍しているとのことです。

一戸建て住宅用エレベーターを設置

一戸建て住宅用エレベーターを設置

老後も住み続けることを目的に、バリアフリー化を徹底したいとの依頼。元々階段のあった場所にエレベーターを設置し、リビング2階部分を吹き抜け部分をもうけ新たに階段を設置する大規模工事を実施。和室の洋室化や段差排除など、文字通りバリアフリー化が徹底されています。

広々とあたたかいバスルームに改修

広々とあたたかいバスルームに改修

入浴時の寒さに悩まされていたご依頼主。元来、十分な面積がないスペースだったこともあり、部分的な増築を提案。その上で最新型のユニットバスを設置したとのこと。依頼主からは「毎日快適なバスタイムを過ごせています」とのお言葉があったそうです。

新築のような外壁・屋根にチェンジ

新築のような外壁・屋根にチェンジ

リフォーム前は風雨による経年劣化やこびりついてしまった水垢が目立つ状態だったそうですが、外壁および屋根塗装を行なったことで、新築時の輝きを取り戻しています。依頼者の方曰く「毎日自宅へ帰るのが楽しみ」とのことです。